今村祈履 いまむらいのり
映画生活まっしぐらな日常をぽつり。ぽろり。ほろりと。。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 大好きな仲間たち | main | 6月23日 >>
忘れないために

すぐに公演が続けて控えているなか、毎日稽古をしていて見えてきたもの。それはやっぱり変わらない空だったり、素敵なひとたちといっしょに此処にいること。

震災以降、たくさんのひとと共に過ごしました。それは単に稽古をしてたからなのですが、普通ではいられない現実のなかで、きっとそれらが現実になろうとしてて。悲しみも喜びもどっちも過敏になっていて、人間的なことが浮き彫りにされた気がした。

人間は不安定なんだなってことが、なんとなくわかった。

だから、その土壌に安定を作る。だけど現実が時代を貫いてしまっていて、それらを埋められるのだろうか。いっしょに種を植えられるのだろうか。それとも、時代が現実に呑み込まれたのだろうか。土壌の基準はいつの時代も曖昧で、そこに安心したり不安を抱いたりする。

根付くのは匂いや景色に見える営み。たとえ届きそうになくても、離れない記憶。

1週間、10日、2週間、20日と月を跨ぎ。1年後の世界を想像してみるけど。震災から3ヵ月、いまの状態すら想像出来なかった。こんなにも普通に生活してること。

「空は繋がってるんだから、悲しみは共有されるんだよ」

こんげつの芝居の台詞のひとつ。そう、いつかは悲しみも共有されるんだって。それを信じようと。たとえ共有出来なくとも、悲しみを超えた人間の強さを信じていようと。生きるってことは信じるってことだから。それが可能性であり未来。

なかなか伝わらないかも知れません。でも、伝わらないことのほうが現実には多く。瞬間はいつだって剥がれ落ちて行ってしまうものだから。

言葉を愛し、人間を愛し、自然を愛し、触れた手のひらを愛し。

きっと、届かなくても。伝わらなくても。愛せなくても。許せなくても。

此処にいます。

『剥ガレオチテ』 作・演出 佐々木透
ソーシャルネットワーク×演劇 (公開台本twitter #hagareで検索/USTREAM公演

2011年6月22日(水)〜24日(金)せんがわ劇場

【出演】
今村祈履
尾原仁士
笠井里美(ひょっとこ乱舞)
春日井一平(劇団上田)
斎田智恵子
鈴木燦
タカハシカナコ

佐々木透

【料金】前売 ¥2,500当日 ¥2,800

【お問い合わせ】Tel.090-1207-4748 mail reqoo-zoo-room@live.jp

【タイムテーブル】
22日 19:30
23日 19:30
24日 18:00
※ 開場は開演の30分前です。

【照明デザイン】 南星(Quintet☆MYNYT)【美術】 青木祐輔
【音響】 カケ゛ヤマ気象台(sons wo:)【宣美・制作運営】 田中香
【協力】 三木フ゜ロタ゛クション・劇団井手食堂・ひょっとこ乱舞・劇団上田
【企画・制作】 リクウズルーム

スポンサーサイト
24日行くことができなくはないけれども・・前の舞台行ってないのでいきたいなぁ〜でも身体は一つしかないんだよな〜
仮面ライダーライガ | 2011/06/22 22:50
COMMENT









Trackback URL
http://imamura-inori.jugem.jp/trackback/336
TRACKBACK